求人は誰のためのものか
求人を選ぶ基準

求人は誰のためのものか

求人に書かれている情報が全てではない

もし、新しい仕事を探す際、「これだけは譲れない」という条件があるのであれば、求人サイトや広告で確認することに加え、面接の場などで直接、雇用側の担当者に確認することをお勧めします。

求人サイトや広告には本来働きたいと思う側の人たちが知りたいと思う事柄を全て掲載すべきですが、求人誌やサイトですと文章を記載できるスペースが限られているものです。

また、雇用側が公にしたくないこと、仕事を探している人に不都合なことはあえて載せていないこともあり得ます。

なので、仕事探しで譲れない条件は真っ先に確認し、他にも気になる点があれば、メモに残すなどして雇用側に確認しやすいようにまとめておくといいでしょう。

例えば、自分がどのような立場で雇用されるのか、福利厚生はどうなっているのか、残業や休日出勤の際の給与はどう計算されるのかなど、就職するにあたって知りたいことを箇条書きで書き出し、すぐ確認できるようにしてから面接に臨むと、質問しやすいのでお勧めです。

一方的な条件は断る

求人は人手が欲しい雇用側が出すものではありますが、働きたい側が、一方的に提示された条件を全て飲む必要はありません。

その条件が自分の希望に合っている場合は別ですが、「どうしてもここは譲れない」という条件があるのであれば、そこに折り合いをつけることが可能かどうか確認するべきです。

そして、もし不可能だった場合には、すっぱりと諦めて応募を取り消すのもアリです。

なぜなら、そこで自分が譲歩、妥協してみせた場合、雇用側から「条件について妥協してくれる人」だというレッテルを貼られてしまいかねないからです。

口コミや情報だけでなく直接確認してら判断する

求人は雇用側が人手を求めるためだけのものではなく、仕事を得たい、働きたい人が、労働力を提供する代わりに得られる対価を確認するための大切な情報でもあります。

そこに書かれていない条件や対価についてはしっかり尋ねて、条件や対価が労働に見合わないと感じた場合には、さっさと辞退して次を探しましょう。

求人サイトや広告に載せられている情報だけで良し悪しを判断せず、雇用側から直接情報を確認できてから判断するのが確実です。