希望条件の求人を探す事は双方のメリット
求人を選ぶ基準

希望条件の求人を探す事は双方のメリット

優先度をつけて探す

「新しい仕事を見つけたい」「長くできるアルバイトを見つけたい」と、仕事を探す人は、今時ならたいてい求人サイトや求人誌を見るでしょう。

店頭に求人の募集などを貼り出す店などもありますが、それよりもたくさんの情報を手っ取り早く確認できる、求人サイトや求人誌を頼るのは自然なことです。

しかし、そこに求める情報だけで仕事を決めようと安直に考えていませんか?

仕事やアルバイトを探す際には、いきなりサイトや求人誌を見始めるのではなく、自分がどんな仕事を求めているのか、自分が働ける労働条件や待遇、納得できる給与の額などをまとめて、メモに書き出してみることをお勧めします。

その中でも「これだけは譲れない」という優先事項のランクをつけ、その項目をもとに求人情報を探すと、判断しやすくなります。

決めた条件は妥協しない

例えば、他の条件は良いけど、自分がどうしても譲れない条件だけがクリアできてないという求人情報があれば、雇用側の担当者に直接確認しましょう。

もしその時点で曖昧な返答しか返ってこない場合には、応募を辞退してさっさと他の求人を探すほうが建設的です。

仮に、「これくらいなら我慢できるかも…」と、自分の希望に沿わない条件や待遇で妥協してしまうと、雇用側はその不満な状態をあなたの「普通」ラインだと設定するでしょう。

そして、条件や待遇だけでなく、仕事についても当初と違う内容を任されたり、待遇を保留したまま仕事を増やされたりしかねません。

有給休暇や終業時間、待遇や福利厚生など、「ここだけは譲れない」という点があるのであれば、その条件を満たしている仕事先やアルバイト先が見つかるまで、焦らずじっくり探しましょう。

自分の気になる条件が求人情報に明記されていない場合は、直接雇用側に連絡して確認したり、面接の際に質問したりするのがお勧めです。

人手を求める側は、仕事を求める側に嘘偽りのない条件を提示する義務があります。

長く、良い仕事をするためにも、自分の希望する条件で働きましょう。

もし条件の合わない仕事を無理やり続けていても、ストレスや不満を生み、生産性が下がり、雇用側、働く側、どちらにもデメリットしかありません。