求人に書かれていない事柄は確認を
注意すべき事項

求人に書かれていない事柄は確認を

ブラックな求人を見極める

あなたは、求人広告や求人サイトをチェックする際、どこに着目するでしょうか?

おそらく、大抵の人がまず気にするのは、仕事内容より給与や休暇、福利厚生などの「待遇」についての部分でしょう。

もし、それらのポイントを重視して新しい仕事を探しているのであれば、採用面接の際には、求人広告に書かれていない、気になる事柄については積極的に尋ねることをお勧めします。

その際、尋ねたことに対して雇用側が答えを濁すような対応であれば、良い条件でも諦めて断りを入れる方がいいでしょう。

待遇の詳細を確認する

いわゆるブラック企業と言われるようなところは、実際の待遇の詳細について説明したがらない傾向があるものです。

求人サイトや広告には給与や賞与などについて色々と書かれていますが、休日出勤、残業代の有無などについて詳細に書かれていることは少ないので、気になることがあれば自分から積極的に尋ねるようにしましょう。

他にも、有給休暇や福利厚生についてなど、譲れない条件があるのであればきちんと伝えることが大切です。

もし、自分の希望する条件に合わない部分であっても、焦って就職先を決めてはいけません。一旦保留して他の求人を探しましょう。

希望に沿わない労働条件で、我慢しながら仕事を続けていると、ストレスや不満が溜まり、仕事に集中できなくなるものです。

そのせいで心身のバランスを崩す危険もあるため、時間がかかっても、自分の希望する条件に合う就職先を探すべきなのです。

面接の際、「細かいことについては、雇用が決定してから説明する」などと雇用側から言われるケースも少なくないですが、実際に働く側にとってはどれも大切な情報です。

面接の際には臆せず、気になったことは全て尋ねましょう。

先に書いたように、その説明を拒んだり、答えを濁したりするようであれば見切りをつけてしまえばいいのです。

自分の望まない条件で妥協してしまうと、就職後もなにかにつけて値踏みされてしまいかねないので注意が必要です。

求人に記載されていないこと、気になることは積極的に尋ねる、それこそがより良い企業で働くために欠かせない勇気なのです。